スキンケアで乾燥予防と香水やピラティスの効果

日差しの中に含まれる紫外線は、肌にダメージを与えます。その結果、肌のバリア機能が失われ、乾燥肌に陥りやすくなります。乾燥肌を放置しておくと、ますます紫外線によるダメージがひどくなりますので、スキンケアで保湿をしてあげることが重要になります。
乾燥の原因は紫外線だけでなく、洗顔にもあります。洗顔で必要な皮脂を落としすぎてしまうことで、肌が乾燥しやすい状態に陥ります。
意外な原因として、香水もあげられます。香水にはアルコールが使われており、このアルコールが揮発するときに、香りが漂うような仕組みになっています。アルコールが揮発する瞬間には、肌の水分も同時に蒸発するため、乾燥肌の人が使うときには十分注意する必要があります。
香水の中にはアルコールが使われていないものも存在しますので、乾燥肌の人はこのタイプの商品を使うのが安全です。アルコール入りの香水しか手に入らない状況ならば、直接肌につけないように使う工夫をすれば解決します。
テレビや雑誌などで話題になっている、ピラティスというエクササイズが存在します。特に体型を気にする女性からの支持が高くなっています。
見た目はヨガに似ていますが、ヨガは呼吸を重視した、ストレッチ効果を狙う方法になります。一方のピラティスは、骨格の正しい位置を確認しながら、インナーマッスルを鍛える方法です。ヨガでも筋トレができますが、身体をしっかりと支える筋肉である、インナーマッスルを鍛えられるのが、ピラティスの魅力です。
全身の筋肉が鍛えられますので、姿勢がよくなります。また、筋肉がつくことで、基礎代謝が上昇し、痩せやすい身体を作ることができます。身体が柔軟になり、怪我の予防にも役立ちます。