妊娠したら温泉などを利用してスキンケアをしよう

少し前までは妊娠したら温泉に入ることは控えた方が良いと記されていました。環境省でも医学的根拠がないため妊娠中でも利用しても良いとしています。ですが、妊娠中に温泉に入るにあたってはいくつかの注意点があります。
まず流産しやすい妊娠初期には温泉旅行に行くのは控えます。つわりもひどい時があるので、無理に行かないようにします。
次に、子宮は温まりすぎると収縮する働きがあります。また過剰に温まりすぎるとのぼせやすくなり、血圧が上昇してしまいます。入る場合は10分以内とし、低めの温度の温泉を選ぶようにしましょう。脱水症状を避けるためにも水分をとってから入浴することも大切です。
この他、温泉施設では滑りやすいところが多く、転倒に気を付けなければならない点です。特に妊娠後期はお腹が大きくなり足元が見えません。他の人とぶつかることもありますし、何かあっても困るので一人で入ることはやめましょう。家族風呂や貸切風呂を使用すると安心です。
衛生面でも気を付ける必要があります。妊娠中は抵抗力が落ちているので感染症にかかりやすくなっています。かけ流しであれば雑菌は多くないですが、循環しているものは雑菌がいる場合があります。マタニティのサービスがある温泉施設はそういった配慮もしているので選ぶと良いでしょう。
温泉に入ると、イライラや不安といったうつ症状や睡眠障害などがやわらぎますし、リラックスすることで肌の状態も良くなります。妊娠中はホルモンバランスが乱れ肌の状態が悪くなるのでリラックスした時を見計らってスキンケアを行うと良いでしょう。なお、妊娠中は肌が大変敏感になっています。硫黄が含まれているような刺激が強いお湯だと湿疹ができたりすることもあるので単純温泉のような無色透明のさらりとしたお湯のところを選ぶと良いでしょう。